チーム情報

「第7回北摂里山スプリントヒルクライム」エントリーリスト

  • 2020.12.9

「第7回北摂里山スプリントヒルクライムエントリーリスト」

近隣の大阪府より不要不急の外出自主要請が出ていますが、施設管理者と協議し本日12/9現在開催予定です!

感染症対策を万全に、コロナに負けない、新しい大会スタイルの確立を目指します!!

■エリートの部 6名 

名前 チーム名
1 増田 康太 Coraggio Kawanishi Cycling Team
2 柳瀬 慶明 コラッジョ川西OB(ヤナセ製油)
3 米田 彰 コラッジョ川西OB
4 和田 徹也 熊本の☆チーム和田衛門
5 栂尾 大知 Katuo TV
6 村上 大輔 自転車工房ハイランダー(古市店・福住店)

■ビギナーの部 11名 

1 岡本 邦裕 愛工大自転車同好会OB
2 寺田 光一 Team CIPOLLE
3 小原 爽吾 Sparddr
4 川畑 有矢 companio kobe with 小野工業高校
5 小林 義輝 team NEVER STOP
6 田崎 凛太郎 team NEVER STOP
7 福田 博紀 きょんこいず
8 大石 智之 Companio Kobe
9 中神 太志 team NEVER STOP
10 神戸 孝大 companio kobe
11 手嶋 将大 decathlon

■初レースクラスの部 9名

名前 チーム名
1 小林 晴輝 team NEVER STOP
2 田崎 龍之介 team NEVER STOP
3 山口 怜 team NEVER STOP
4 小野寺 竜太 team NEVER STOP
5 岩田 ヨンス team NEVER STOP
6 本多 良章 team NEVER STOP
7 赤穂 文康 チームやんやん
8 湯浅 和之 兵庫バイアスロン
9 松元 光

■女子の部 1名 

名前 チーム名
1 喜捨 真和子 チーム翁

■中学生の部 2名 

名前 チーム名
1 宮本 翼輝 CORAGGIO KAWANISHI U-19
2 松岡 勇斗 マツオカタエコ

■キッズの部:小学生高学年(4~6年)8名

名前 チーム名
1 金澤 拓世 CORAGGIO KAWANISHI U-19
2 土居 時芽 Deep Sea Fish
3 中村 颯
4 岩田 一矩 Team Cosmic
5 足達 青空 Blue Sky ジャイアント
6 川分 琉楓 Life Racing Club
7 伊藤 隆聖 AS京都
8 村瀬 琶音

■キッズの部:小学生低学年(1~3年) 2名

名前 チーム名
1 金澤 那旺 TEAM KANAZAWA
2 伊藤 輝聖 AS京都

 

■大会スケジュール
8:30 会場オープン
8:45~9:15 受付開始&試走(試走時は片側通行)
9:20~9:25 ライダーズミーティング
9:45~10:45 第1ヒートスタート
11:15~12:15 第2ヒートスタート
12:30    終了予定
※ タイムスケジュールはエントリー人数により変更する可能性があります。

■注意事項
・新型コロナウィルス感染症予防対策を万全にお越しください。(詳細はSHCガイドラインをお読みください)
・エントリー費は当日、受付時にお支払い下さい。
(3密を避ける為に入場後ドライブスルー方式で受付を行いますのでスタッフの指示に従って頂き、お釣りの無いようにご準備下さい)
・駐車場は駐車台数に限りがあるため、乗合わせや公共交通機関のご利用をお勧めします。
・事前申し込みの同居の方以外は会場内では応援出来ません。(一般応援者の入場は出来ません。)
・取材等で入場を希望される方は予めお申込みをお願い致します。
・当日、啓発施設のゆめほたるさんへの一般客の来場は可能です。詳しくはゆめほたるさんのHPをご覧ください。
・今大会は参加通知書並びに大会案内状の送付はありません。受付の際に出場クラスとお名前をお伝え下さい。
・表彰は各クラス1位まで行います。(レース当日表彰式は行いません。賞品は後日発送致します。)
・国崎クリーンセンター近隣には、コンビニエンスストア等飲食店はありません。
・駐車場に限りがある為、大会当日は大会参加者以外は駐車出来ません。

ご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム


The following two tabs change content below.
coraggio-kawanishi

coraggio-kawanishi

コラッジョ川西サイクリングチーム・・・ 兵庫県川西市を拠点とした地域密着型 自転車ロードレースチームの挑戦!! 「Coraggio」コラッジョとは、イタリア語で「勇気・度胸」を意味します。夢や目標を達成するには勇気が必要です。勇気を持って勇みよく前進できるチームを目指し、皆にしたしまれることを願って命名しました。