チーム情報

コラッジョ川西主催「合同トライアウト合宿」開催の意義について

  • 2018.7.30

コラッジョ川西サイクリングチームが毎年実施しているトライアウト合宿。
「長期の休みを利用して効率的に自転車競技の実力を高める」ということだけでなく、もう一つ、自転車競技に真剣に取り組む選手をサポートする仕組みがあります。
今回は「トライアウト合宿の趣旨や目的」に関して、詳しくお伝えしていこうと思います。

トライアウト(tryout)とは、本来は適性検査・試験興行を意味する。一般にスポーツ競技の団体に加入を希望する選手が、団体関係者の前で自己の能力をアピールし、契約を目指す場のことをいう。スカウトとの違いは、チームが相手に“来て欲しい”と礼を尽くして頼むのに対し、こちらは希望者がチームに志願する点。
(Wikipediaより)

つまり、自転車競技者としての将来を真剣に模索している選手、具体的にはプロの自転車チームに加入したいと考えている選手を、その適正や資質を見極め、受け入れを検討している自転車チームに紹介する機会を併せ持った合宿です。

プロの自転車チームに加入することは、決して広い入り口ではありません。高校や大学の自転車部で学連の大会での結果を残す、全日本選抜チームに指名される、または全日本選手権などの大きな公式大会で結果を残すなど、アピールできる部分が無ければ縁が繋がりません。

一方、新しい選手を獲得したいチームとしては、現在抱えている選手の脚質やイメージするチームの理想像から、「こんな選手がいたら是非欲しい」というニーズを持っていますが、「どこに・どんな選手がいるのか?」をリサーチする時間は非常に限られています。

そこでコラッジョ川西が導入した仕組みが「トライアウト合宿」です。

合宿を通じて、その走りをかつてプロチームでの活躍経験があるチーム代表者・栂尾監督が判断し、ニーズにあった選手をこの合宿の趣旨に賛同してくださっているプロチームに紹介する機会としています。

チームに入りたい側(選手)と獲得したい側(チーム)、それぞれの希望が上手くマッチした時、晴れてプロチームへの加入が叶うという仕組みです。

今回のトライアウト合宿には、今年のTOJで見事総合優勝を果たしたキナンサイクリングチームが視察決定、また宇都宮ブリッツェンと那須ブラーゼンが協力支援チームに名乗りを上げています。
プロチームへの加入を希望する選手にとっては、自身をアピールする大きなチャンスでもあるということです。

今日、メディアの影響を受けて大きく増加した自転車競技人口。
サッカーや野球のようにメジャーなスポーツではない分、「学生時代のクラブ活動の先に何があるのか?」という点に関しては、非常に情報が少ないのが現状です。

今回のトライアウト合宿は既にエントリーは終了していますが、今後もこの活動は続けていきます。
ニーズがあれば、夏だけでなく冬や春などに実施することも検討しています。
トライアウト合宿の情報は以降も、「コラッジョ川西オフィシャルウェブサイト」で告知していきますので、興味のある方は是非お見逃しの無いようにご注意ください。

これからもコラッジョ川西サイクリングチームへの応援のほど、よろしくお願いいたします。


The following two tabs change content below.
coraggio-kawanishi

coraggio-kawanishi

コラッジョ川西サイクリングチーム・・・ 兵庫県川西市を拠点とした地域密着型 自転車ロードレースチームの挑戦!! 「Coraggio」コラッジョとは、イタリア語で「勇気・度胸」を意味します。夢や目標を達成するには勇気が必要です。勇気を持って勇みよく前進できるチームを目指し、皆にしたしまれることを願って命名しました。