ブログ最新記事

田村健人のブログ「上北山村からGood Smile!!」


今週は先日行われたヒルクライムin大台ヶ原について書きたいと思います。

9/8日、レース前日に前夜祭が行われました。
あいにくの雨模様だったのですが、皆さんの熱気などが伝わってきてとても楽しかったです。雨で人は少なめだったものの、それでも普段人通りの少ない上北山村に沢山の人が集まる光景は圧倒されました。

レース当日。
この日も引き続き小雨が降っていましたが、少し寒い程度で特に問題はありませんでした。
以下レースレポートです。

僕たちコラッジョ川西の選手たちは一般クラスの第5組からのスタートでした。
朝7時からのスタートと、朝早くからでしたがスムーズに進行していき第5組がスタート。
僕は1時間30分切りを目標にしていました。

序盤3分の1は平坦基調なのですが、スタート直後は思ったよりゆっくりのスピードで、うっかり先頭にでてしまいました。
あまり練習できていないので引き下がろうとも思ったのですがせっかく前に出たので
と少しの間集団先頭で走る。
すると案の定?すぐに心肺がかなりキツくなり平坦区間で集団からドロップしてしまいました。

ペースをかなり落とし息を整えようとしても中々楽になれずダラダラ走っているうちにどんどん抜かされていき、後ろを走っていた中村選手に追いつかれました。
こんなところでここまでペースが落ちるようではこの先の激坂も駄目だろう、と思い自分のペースでゆっくり走る事を心がけました。
そして激坂区間が近くなりとにかく息が上がらないよう気をつけて一定ペースで登っていると、これが案外脚が回って周りの選手たちをするすると抜いていけ、激坂区間に入ってもそのまま快調に進めました。

心肺こそ常に気を使わないとすぐ息があがってしまいそうでしたが、脚は自分でも驚くほど軽く動き誰にも抜かれる事なく登れてすごく楽しかったです。
ただこれまた日頃の運動不足が祟ってか途中から脚に攣りそうな気配が。
なんとか攣らないように工夫しながら登っていると激坂区間残り2km辺りからいよいよ怪しくなってきたのですがあと少し、と思い激坂ゴール手前の少しの下りで踏み込みました。

するともう両ふくらはぎを同時に攣ってしまい、しかしラインはすぐだったので意地で脚を無理やり動かしてドライブウェイ合流地点へ到着。
さすがに限界だったのでそこで5分ほど休憩。
ただここ激坂ゴール地点は1番応援の方が多い場所。ちょっと恥ずかしかったです。
一呼吸置いて10km先のゴールへ向けて再スタート。

相変わらず脚は軽かったのですがすぐに攣りそうで慎重に、でもすぐにまた攣ってしまいそこから走り出しては攣るを繰り返してしまいました。
もはや止まりすぎてタイムは関係無くなってしまったので回復するまで脚を止め選手の方々を応援しながら休憩していました。
ただ標高1000m以上で小雨が降っているので寒い!

そんな中待っていると栂尾監督の姿が。
寒さで震えている僕にウィンブレーカーを貸してくださり、そこから一緒に走り出しました。
そのお陰でかなり暖かくなったもののそれでもハンドルを握ることすらまともに出来ないぐらい震えが止まらずどうしようもない状態に
それからは監督からも遅れてしまい何度も止まりながら同じ上北山村地域おこし協力隊の方とゴール。

結果は2時間20分程度でした。
日頃の運動不足が祟りまくった結果になってしまいました。

直前まで開催出来るか分からなかったヒルクライム大台ヶ原ですが、スタッフや村民の方々の尽力のお陰で無事開催出来ることになった今大会。
僕のレース結果こそこのような形になってしまいましたがレース自体は沿道の応援の方々も沢山いて、綺麗に整備された道で、村民やスタッフの方々の熱意が伝わってきて最後までとても楽しかったです。
来年も無事に開催される事を祈りつつ日頃の生活習慣を見直してしっかり練習して、来年に備えようと思います。


The following two tabs change content below.
田村健人

田村健人

2018年4月から奈良県上北山村に地域おこし協力隊として就職して奮闘中です。 職場は大台ケ原の頂上にある物産展です。 是非一度お越しください!

関連記事