ブログ最新記事

田典幸のブログ「第2回 JBCF おおいたいこいの道クリテリウム」


おおいたいこいの道クリテリウム・レースレポート

2015/11/1 Sun 天候:晴れ
第2回 JBCF おおいたいこいの道クリテリウム
1.1km/24lap
クラスタ:E1
順位 32位/出走67名
Time 34:20

コラッジョ川西

~レポート~
僕にとって今年度の実業団レース最終戦となる、おおいたいこいの道クリテリウム
大分駅前で開催されたこのレースは、噂通り大勢の観客が集まり賑わうレースでした。

コースは4つの直角コーナーと1つのUターンコーナーで形成された1.1km
減速ポイントが少なく、後ろに下がってしまうと集団全方に上がるのに手間取るコースです。

11:10
定刻通りレーススタート
集団後方からのスタートとなり、一周回目は前に上がることなく完了しました。

予想通りUターンコーナーでの集団先頭と後方の減速差が激しく、コーナー立ち上がり時には集団が伸びて距離が開いてしまいます。
レース中盤に入るまではほとんど集団後方に位置してしまい、中々前に上がることが出来ません。

今回のクリテリウムは5周回毎に周回賞が設けられ、周回賞上位の選手には賞金が出ます。

周回賞前後は集団のスピードが緩むことが多いため、そのタイミングで前に上がることに専念しました。
5周目での周回賞では数人飛び出すも、周回完了後にはひとつの集団になります。

せっかくの周回賞でしたが、前に上がるタイミングが掴めず
12周目、周回賞直後でスピードが緩んだため集団中程に上がります。

集団はUターンコーナーで急ブレーキが激しくなり、前に上がりたい選手のイン攻めで怪しい雰囲気に…
雰囲気が怪しくなってきたため、タイミング的にアタックをかけるなら14周か15周完了時と考えます。

13周目、周回賞を兼ねて前に飛び出そうとしているとUターンコーナーでの急ブレーキで後続の選手が接触
僕は落車を免れたものの、減速してしまったため再び後方に下がってしまい飛び出すことは叶いません。

15周目の周回賞も見送ってしまいました。
しかし16周完了時、ホームストレートで集団が緩んだため右側から先頭に上がります。
コラッジョ川西
ただ、僕のアタックが中途半端だったためツアーリーダーであるVC Fukuoka佐藤選手に後ろに付かれ、ブルーグラス金子選手も反応

直ぐに集団に吸収され一つになります。

そしてここで問題なのが集団内で位置をキープ出来ないこと
なんとか集団前方にいるものの後ろに落ちてしまいます。

無駄脚を使わないためにも位置取りは常に課題です。

20周目、最後の周回賞を狙いそのまま飛び出すつもりでホームストレート右側からアタック
ただしまたもやVC Fukuoka佐藤選手に後ろに付かれ離し切れず

先頭のままUターンコーナーにさしかかる直前、EsperanceStageの杉山選手が飛び出し先頭へ
コーナー立ち上がりから更に2人飛び出し、周回賞を取りに行ったものの4位通過でポイント無し…
コラッジョ川西
そのまま行きたかったのですが、周回賞を1位通過したVICTOIREしまなみの河内選手が強力なためか集団も全力追走

21周回完了時にレースは振り出しとなります。

残り3周

ここから集団の動きはかなり怪しくなります。
コーナーの一つ一つで全く気が抜けません。

そしてUターンコーナーでは落車が発生
直接関係する位置ではなかったため、大きな影響はありません。

残り2周回

集団のスピードも上がり、コーナーで集団はかなり伸びてしまいます。
このときの僕は集団中程でも後ろより

Uターンコーナーを曲がり、ホームストレートでどうにか前に上がるしかないのですが前方で落車発生!
左に避けて回避しましたが、完全に先頭から分離してしまいました。

分離した先頭に追いつくことなく最後まで全力でいきましたが32位でのゴールとなりました。

総括
レースを終えて良かったことと言えば落車しなかったことでしょうか。
相変わらず無駄な動きが多く、もっと頭をつかわなければなりません。
シーズンを通して脚に力が戻ってきたと感じましたが、まだまだ課題ばかりです。

2015年の実業団レースはこれにて終了です。
シーズンを通して支援、応援して下さったスポンサー様・サポーターの皆様にはこの場を借りてですがお礼申し上げます。
皆様からの応援がなければ再び現状の様に走れなかったと思います。
目立った結果を残せなかったシーズンですが、来期に向けこの悔しさを励みに冬のトレーニングに取り組んでいきます!

これからもどうか応援の程宜しくお願い致します。
最後に、前日のロードレース・クリテリウムの動画リンクを載せておきます。
宜しければご覧ください。

おおいたロードレース・E1
おおいたいこいの道クリテリウム・E1

コラッジョ川西


The following two tabs change content below.
田 典幸

田 典幸

ロードレースで勝つことと、全日本TTで一桁に入ることです! 応援宜しくお願い致します!

関連記事