ブログ最新記事

下島将輝のブログ「AACA第8戦レースレポート」


コラッジョ川西
ご存知の方もおられるかもしれませんが、連続2位記録をさらに1つ増やしてしまったシモジマです。
AACA第8戦第2ステージも 2位となり、湾岸クリテから続く連続2位記録を4回とし、チーム内でも賛否両論を受けております。
最も重要な栂尾監督からは”万年2位”と毎日皮肉の嵐でした笑

しかし!
今回のAACAでの2位は監督から珍しい評価の言葉をもらうことができました。
何故なら優勝した選手が全日本チャンピオンの窪木選手で3位が全日本TTチャンピオンの中村選手となったからです。
何故こんなに番狂わせなリザルトになったかというと…

自分にはトッププロ選手と真っ向勝負する力が無いために、作戦がただ一つしかなかったためです。

それは”逃げ”です。

この日のレースは2人の全日本チャンピオンをはじめ、ホストチームのKINANサイクリングチームや愛三工業レーシングなどトッププロ選手が多数いるため、前日練習の時に栂尾監督と最終局面でアタックして独走に持ち込む特訓をしていたのです。
コラッジョ川西
以下レースレポート
レース本番。
約3kmを20周する60kmのほぼ平坦のゴール前だけ少し登るコース。
AACAでは積極的にアタックに乗って行かないと乗り遅れるとレースが終わってしまうので、今回も積極的に前で動く。
序盤に抜け出しに成功し、強豪選手が次々とブリッジをかけてきて強力メンバー揃いの先頭集団となる。

W全日本チャンピオンの中で唯一U23選手として健闘した下島選手。

W全日本チャンピオンの中で唯一U23選手として健闘した下島選手。


最初は協力体制だった集団も、後半に向けてアタックが頻繁にかかるようになり何人かの選手が振るい落とされる展開に。
自分も限界ギリギリの場面もあったが、監督のゲキと声援のおかげでなんとか耐えて集団のまま最終周回へ。

そしていよいよ逃げる時が近づく…
若干向かい風のバックストレートで意図的に最後尾まで下がり様子を伺い、残り1kmちょっとぐらいで、

アタック!!!

もうチェックされることとかゴールのこととか考えず、無心でペダルを踏み倒す!

有力選手同士がお見合いすることにかける!自分はマーク薄い!絶対!
そして絶対に後ろは振り返らない!←怖いから!

ホームから大きな声援と、後ろから感じる気配で差が開いているのが分かる!
もう行くしかない!!!

ラスト1kmを独走する下島選手

ラスト1kmを独走する下島選手


コーナーを曲がってゴールはもう少し!もう少し!
とその時、横から見えてきた白赤のジャージ…
くそぉぉぉぉ(´Д` )
捲られたのは余裕のある表情の全日本チャンプ窪木選手でした。
これほど悔しいのは過去初めてかもしれなかった。

窪木選手、後ろの集団を引き千切っての追走で、後で動画で確認したところ猛烈なスピードでした。

今回、格上選手とこうして走れる機会は本当に大切だと感じました。
関係者の皆様ありがとうございました。

レース中に限界ギリギリの負荷をかけることができ、マークが薄いからこそチャンスも巡ってくる。
若い選手には特にオススメのレースだと思います!

自分もいつか格上選手と並べてここで走れるように、日々精進していきたいです。

暑い中ご声援ありがとうございました!

優勝は全日本チャンピオンの窪木選手。 下島選手は果敢な走りで2位でゴール。

優勝は全日本チャンピオンの窪木選手。
下島選手は果敢な走りで2位でゴール。


The following two tabs change content below.
下島将輝

下島将輝

今シーズン最大の目標は、全日本選手権U23でTOP10に入ることです。 それ以外にも、出場するレースで貪欲に勝ちを狙い、スプリントで勝って優勝したいです。 地元川西のためにも、目一杯チームに貢献したいと思いますので、ご声援宜しくお願い致します。

関連記事